せっかく引いたアイラインが、まぶたに隠れてしまう…とお悩みの方必見!

「アイラインは書いても書かなくても変わらない」「書いてはいるがなんだか違和感」と思ってしまうと、メイクも楽しくなくなってしまいますよね?

そこで、少しの工夫で厚めのまぶたでもしっかりアイラインを見えるようする方法を探ってみたいと思います!

まぶたが厚い目のアイラインの引き方は?

厚い まぶた 効果

①太めに書くこと

かなり太めにアイラインを入れるのがポイントです。

目を開いて確認しながら、少しずつ描き足していくとうまく太さを調整できます。

目を開いた際にしっかりとアイラインが見えて、フレームがはっきりするまで太くしましょう。

②目尻はラインをはみ出して書くこと

目尻のアイラインは横幅を出すために、少し目尻からはみ出るように描きましょう!

5~7mmはみ出るのがベストです。

③下まぶたにもラインを書くこと

目をタテにも大きく見せるために下まぶたにもラインを入れます。

下まぶたを軽く引っ張りながらやると描きやすいです。

目尻を太めに、黒目の真ん中あたりまでアイラインを入れると目を大きく見せる効果を発揮します。

オススメアイライナー

ボナボチェリキッドアイライナー

特徴

  • 囲み目極太ラインが簡単に書ける
  • 速乾性にすぐれ描いたらすぐ乾くため、液がまぶたに付きにくい。
  • なめらかな書き心地にこだわったブラシ

こちらは毛先が太めなのが、厚めのまぶたにラインを書く際にピッタリです!

最近は、極細の毛先を売りにした商品が多いので、何度も重ね書きするのが大変!という声を聞きます。

この商品は太めの作りなので、メイク時間の短縮にもなりますね!

ヒロインメイク スムースリキッドアイライナースーパーキープ

特徴

  • ウォータープルーフで夜まで美ラインキープ!
  • 誰でも描きやすい!0.1mmの極細筆
  • 目元を保湿する4種類の美容液成分配合
  • にじまないのにお湯でオフ
  • 染料不使用で肌に色素が残らない

こちらは毛先が細いので、下まぶたのアイラインに適しています!

上まぶたのラインは太めに書くといいましたが、下まで太いと不自然な仕上がりになってしまうので、「下は細めに」という意識で書いてみましょう!

まぶた美容液でケアをするのもオススメ!

まぶた美容液 効果

アイラインを引くのは難しい…とお困りのアナタは、まずはまぶた自体のケアをする事もオススメなんです。

まぶたが厚いという事は、むくみで腫れぼったくなっている事もあるので、今話題のまぶた美容液で保湿をしながら、むくみを解消するとよりアイラインが引きやすくなる事も♪

しかもまぶた美容液は、まぶた以外にもまつ毛まで長くしてくれるから、パッチリ目元も夢じゃない所も人気の秘密なんです♪

是非まぶた美容液を取り入れて、憧れのパッチリ目を目指しちゃいましょう!

【モデルも愛用中の美容液!】>>まぶたの腫れぼったさを解消する方法はコレ!!

まとめ

いかがでしたか?

アイラインの書き方とアイライナー選びにこだわることでまぶたの厚みを感じさせないようにできるのです!

コンプレックスを克服してもっとメイクを楽しみましょう!