奥二重 アイライン

日本人は奥二重が多い人種だといわれています。

奥二重を悩みにされている方も多いと思いますが、二重よりアイラインが描きにくい、目を開くとアイシャドウが隠れてしまうなど様々なお悩みを抱えている人が多いよう!

しかし、実は奥二重は、男性ウケも抜群に良い、魅力的な素材なのでどうにか活かしたい所♪

そこで今回は、奥二重の魅力を紹介しつつ、アイラインの書き方を探っていきたいと思います。

奥二重の魅力って?

奥二重がコンプレックスでアイプチを使って二重にしたり、プチ整形をしたりする女性も多いですが、実は「奥二重には魅力がたくさんあるんです。

二重にするのもいいですが、奥二重ならではの魅力を生かしてメイクを楽しめたらいいですよね!

知的な印象があるです♪

芸能人ですと、田部未華子さんや吉高由里子さんなどが奥二重ですが、いずれも知的で学校の先生にいそうな感じがしますよね。

ミステリアスな印象があるんです♪

憂いがある目元は、ミステリアスで大人な雰囲気を醸し出します。

和風なイメージにも♪

和装が似合うのは、一重または奥二重だといわれています。

もともと昔の日本人は今ほど二重が多くなかったので、「純日本人の美」と言えます。

奥二重の目に描くアイラインのやり方って?

奥二重のアイラインの引き方ですが、太くラインを引くというよりも、まつ毛の間を埋めるような主張しない線を意識しましょう。

そうすることで、まぶたにアイラインの液が付くことを防ぐことができます。

まぶたをめくって、まつ毛の際を埋めていきます。

このときのポイントは、はじめは細めに引いて、後から少しずつラインの形を整えていくやり方がおすすめです!

一気に引かず、アイライナーを小刻みに動かすのがコツ♪さらに、目尻のラインをやや太めに仕上げると印象的な目元に仕上がります。

まとめ

いかがでしたか?

奥二重も悪くない!なんて感じた方も居たのではないでしょうか?

是非この魅力を最大限生かして、自分らしいメイクを楽しみましょう!